DbD

【DbD】初心者が最初に選ぶべきサバイバーと育成順(育てる順番)一覧まとめ

ヤノユウヤ
ヤノユウヤ
プレイスタイルに合わせた育成順を紹介しています!

本記事ではDbDを始めたばかりの方向けに、初心者が最初に選ぶべきサバイバーと育成順について解説しています。

あくまでもこういう選択肢があるよ!というご紹介になるので、一つの選択肢としてご参考頂ければと思います!

初心者が最初に選ぶべきサバイバー

クローデット・モレル

クローデット・モレルクローデット・モレル
固有
パーク名
効果
共感 64・96・128m内にいる負傷中の味方を可視表示化する
植物学の知識 治療速度と治療アイテムの使用効率が11・22・33%上昇する
セルフケア 回復アイテムを使わずに自分自身を治療可能できるようになる

DbD経験者が口を揃えて『とりあえずクロちゃん育てとけ』のクロちゃんです。

いずれの固有パークもクセが無く使いやすく、何よりクロちゃんの見た目がキラー目線見にくいので初心者にはもってこいのキャラです。

メグ・トーマス

固有
パーク名
効果
素早く静かに 窓枠・板・ロッカーの騒音とその強調表示を100%減らす
全力疾走 疲労状態でなければ走り出してから3秒間の移動速度が150%になる
アドレナリン 脱出ゲートが通電すると効果が発動し、1段階回復と5秒間の移動速度150%になる

個人的にメグはイチオシです!

というのも『全力疾走』が非常に強く、チェイスに慣れていない初心者にとっては延命する手段として大いに活躍してくれます。

ただし、アドレナリンは上級者向けのパークになるので、そこまで育成するかどうかはお好みでというところでしょう。

ドワイト・フェアフィールド

固有
パーク名
効果
20・28・36m内にいる他生存者を可視表示化する
有能の証明 4m以内にいる他の全ての生存者は修理速度が10%上昇する
リーダー 8m以内にいる他生存者の 修理作業以外の 作業効率を15・20・25%上昇させる

単体では非常に弱いですが、他のサバイバーと協力した際に力を発揮するのがこのドワイトです。

初心者は単独での行動よりも味方と行動を共にした方が良いケースが多く、その立ち回りに合ったパークを持つドワイトは初心者におすすめできます。

固有パーク『リーダー』を取る優先度は低いため、有能の証明を取得したら他のサバイバーを育成しましょう!

初心者におすすめのサバイバー育成順

以降では初心者におすすめのサバイバー育成順をご紹介しています。

鉄板の育成順

鉄板の育成順
  1. クローデット(レベル40):共感・セルフケアを取得
  2. メグ(レベル35):全力疾走を取得
  3. ドワイト(レベル35):絆・有能の証明を取得

多くのDbDプレイヤーがおすすめするのが上記の育成順です。

若干順番は前後することはありますが、この3キャラはほぼほぼ名前が挙がると言っても過言ではないです。

いずれも生存力を高めるパークを持つサバイバーなので、しっかりとDbDのプレイに慣れていきましょう!

チェイス好きの育成順

チェイス好きの育成順
  1. メグ(レベル40):全力疾走・アドレナリンを取得
  2. ネア(レベル35):スマートな着地・都会の逃走術を取得
  3. デイビット(レベル35):デッド・ハードを取得

キラーとバッチバチのチェイスを楽しみたい方向けの育成順です。

状況によっては隠密行動を取ることもできますし、パーク構成を練ればチェイス・隠密の二刀流で楽しめます。

他にも上記のサバイバーに加えてケイトを育成するのもおすすめです。ダンス・ウィズ・ミーやウィンドウズ・オブ・オポチュニティはチェイス時に便利なパークとなるため、気になる方は育成してみても良いでしょう!

隠密好きの育成順

隠密好きの育成順
  1. ネア(レベル35):スマートな着地・都会の逃走術を取得
  2. ジェイク(レベル30):鋼の意志を取得
  3. メグ(レベル35):全力疾走を取得

チェイスよりは隠密で安全に生存意識高めで立ち回りたい方におすすめの育成順です。

基本的には見つからないように立ち回るため、ゲームの流れを把握するのに便利なサバイバーがメインとなっています。

しかしながら、あまりにも隠れてばかりだと味方への負担が大きくなってしまうので、その辺りはしっかりと協力するという意識の元に立ち回ることが必要です。

また、ドワイトの絆やクローデットの共感も隠密に役立つパークなので、それらのサバイバーを育成するのも良いでしょう!

協力好きの育成順

協力好きの育成順
  1. ドワイト(レベル30):を取得
  2. クローデット(レベル40):共感・セルフケアを取得
  3. ビル(レベル40):与えられた猶予・不滅を取得

友達と一緒にプレイしたり、誰かと一緒に行動するのが好きな方はこちらの育成順がおすすめです。

基本的に誰かと一緒に行動したり、積極的に救助したりする立ち回りがメインとなります。

味方にこういうタイプのサバイバーがいると本当に心強いので、個人的にもおすすめしたい育成順ですね!

DbD初心者向けおすすめ記事一覧

初心者向け攻略情報
記事一覧
キラーとサバイバーどっちから始める? 参考になるおすすめYouTuber
おすすめキラーと育成順 おすすめサバイバーと育成順