DbD

【DbD】『ボイルオーバー』の使い方と立ち回り|もがきガチ勢向けのネタパーク【サバイバー】

本記事ではDbDのサバイバー(生存者)パークである『ボイルオーバー』の使い方と立ち回り、性能について記載しています。

ぶっちゃけネタパークに分類されているパークです。

『ボイルオーバー』運用ガチ勢の方は、むしろ私に使い方を教えて欲しいですw

『ボイルオーバー』の性能・仕様

アイコン画像・パークの効果

アイコン
ボイルオーバー
パークの効果
担がれている時にもがきの揺れ効果が25/50/75%上昇する。
殺人鬼は10/12/14m以内にあるフックのオーラを視ることができなくなる。
ティーチャブルパーク
ケイト・デンソン:レベル40以上

『ボイルオーバー』を使った立ち回り・ポイント

『フリップ・フロップ』との併用が現実的

『フリップ・フロップ』は瀕死状態での回復進行度の半分がもがき進行度に変換されるパークです。

キラーがフックの位置を見失ったり、もがきの揺れによってフックにかけるまでの時間を稼げることを考えると、組み合わせとしてはベストなパークです。

ぶっちゃけ採用しない方が良い

なんとか『ボイルオーバー』の運用を考えてみましたが、ぶっちゃけ採用するのはおすすめしません。

『フリップ・フロップ』やオファリングとの併用で初めてなんとか使えるレベルなので、ネタパークとして遊ぶ際に使う程度にしておきましょう。

関連記事

サバイバー情報まとめ

サバイバー関連の情報です。
サバイバーの一覧やおすすめ育成順、パーク情報まで掲載しています。

サバイバー情報
サバイバーパーク一覧
パーク情報一覧

サバイバー一覧
サバイバーのおすすめ育成順
おすすめ育成順
ピックアップ情報
[jin_icon_check_circle] ダッシュ系パークの一覧と最強ランキング
[jin_icon_check_circle] 隠密系パークの一覧と最強ランキング