DbD

【DbD】『呪術:霊障の地』の使い方と立ち回り|トーテム系パーク【キラー】

本記事ではDbDのキラー(殺人鬼)パークである『呪術:霊障の地』の使い方と立ち回り、性能について記載しています。

現環境に置いてトーテム系パークを活かした立ち回りは強力で、最近は採用しているキラーが多いパークです。

ノーワンや報復といったパークとの相性がバツグンなので、是非オールトーテム系パークで遊んでみて欲しいです!

『呪術:霊障の地』の性能・仕様

アイコン画像・パークの効果

アイコン
呪術:霊障の地
パークの効果
呪いのトーテムを2個生成する。
いずれかの呪いのトーテムが破壊されると、全てのサバイバーに40/50/60秒間の無防備状態を付与する。
効果発動後、もう片方の呪いのトーテムは即座に通常のトーテムに戻る。
ティーチャブルパーク
スピリット/山岡凛:レベル35以上

『呪術:霊障の地』を使った立ち回り・ポイント

効果発動後は積極的にサバイバーを追う

発動タイミングはキラー側で決めることができないため、やや状況に左右されてしまいます。

効果発動後は負傷状態のサバイバーより負傷していないサバイバーを追う方が効果的なことは最低限意識しておきましょう。

『呪術:霊障の地』と相性の良いパーク

呪いのトーテム系パーク全般

呪いのトーテム系パークと組み合わせることで、トーテム破壊を強いることができます。

サバイバーの心理として必ず呪いのトーテムは壊したくなるので、『霊障の地』を「外れの呪いのトーテム」として活用しましょう。

関連記事

キラー情報まとめ
記事一覧
キラーパーク一覧
パーク情報一覧
キラー一覧
キラー一覧
キラーのおすすめ育成順
おすすめキラー育成順