DbD

【DbD】キラー(殺人鬼)全パーク一覧【デッドバイデイライト】

本記事ではDbDにおけるキラー(殺人鬼)の全パークを一覧形式で掲載しています。

各パークの詳細な性能や使用感などは、各パーク名をタップすることで見ることが出来ます。

最新パーク情報や性能評価は随時更新していくので、是非参考にして下さい。

キラー(殺人鬼)全パーク一覧

共通パーク一覧

パーク名 効果
不安の元凶
(Unnerving Presence)
心音範囲内にいる生存者のスキルチェック発生確率が10%上昇する。
更にスキルチェックの成功範囲が40/50/60%減少する。
野蛮な力
(Brutal Strength)
パレットと発電機を破壊する速度が10/15/20%上昇する。
興奮
(Agitation)
生存者を担いでいるときの移動速度が6/12/18%上昇する。
更に心音範囲が12m広がる
捕食者
(Predator)
生存者の足跡が散らばる間隔が少し/普通/かなり狭くなる。
血の追跡者
(Bloodhound)
生存者の血痕を発見しやすくなり、血痕が残る時間が2/3/4秒増加する。
闇より出でし者
(Shadowborn)
視野が通常より8/12/15%広がる。
他の視覚拡大効果と重複しない。
不屈
(Enduring)
板によるスタン時間が40/45/50%減少する。
光より出でし者
(Lightborn)
ライトの耐性が60/70/80%上昇する。
更にライトからの復帰時間が50%上昇する。
ガラクタいじり
(Tinkerer)
発電機の修理が85%まで到達する度に効果が発動。
その発電機を強調表示し、心音範囲が8/10/12秒間消失する。
喘鳴(ぜんめい)
(Stridor)
負傷している生存者のうめき声の大きさが25/50/50%上昇する。
生存者の通常時の息遣いが0/0/25%大きくなる。
死恐怖症
(Thanatophobia)
負傷状態の生存者の数に応じて生存者の修理・治療・破壊の速度が低下する。
ペナルティは一人当たり3/3.5/4%、最大4人分で12/14/16%
看護婦の使命
(A Nurse’s Calling)
20/24/28m以内にいる治療中、または治療を受けている生存者のオーラを視ることができる。
呪術:第三の封印
(Hex:The Third Seal)
負傷させた生存者に視覚消失効果を付与する。
この効果は最後に負傷させた2/3/4人まで有効。
ただし、付与された呪いのトーテムが破壊されると効果は消える。
呪術:破滅
(Hex:Ruin)
生存者が修理中ではない発電機すべてに影響を与える。
それらの発電機は、通常の発電機破壊の100/150/200%の早さで自動的に後退し続ける。
ただし、付与された呪いのトーテムが破壊されると効果は消える。
呪術:貪られる希望
(Hex:Devour Hope)
生存者がフックから救助されたとき、24m以上離れていればトークンを獲得する。
・2トークン:吊るした10秒後、移動速度が10秒間3/4/5%上昇。
・3トークン:生存者を一撃で這いずり状態にできる
・5トークン:生存者を殺害できるようになる
ただし、付与された呪いのトーテムが破壊されると効果は消える。
圧倒的存在感
(Overwhelming Presence)
心音範囲内にいる生存者のアイテム消耗速度が80/90/100%上昇する
観察&虐待
(Monitor & Abuse)
生存者を追跡している時、脅威範囲が8m増加する。
生存者を追跡していない時、脅威範囲が8m減少し、視界が3/5/10%広がる。
視界拡大効果は重複しない。
オーバーチャージ
(Overcharge)
破壊アクションを行った発電機に対して効果が発動。
その発電機の修理アクション開始時に難しいスキルチェックを発生させる。
・スキルチェック失敗:発電機の進行度が追加で3/4/5%減少する。
・スキルチェック成功:ゲージ増加のボーナスが0%になる。
猛獣
(Beast Of Prey)
血の渇望が発動中、視線表示目の赤い光が消える。
狩猟カテゴリの獲得BPが30/40/50%上昇する。
縄張り意識
(Territorial Imperative)
地下室の入口から32m以上離れている時、地下室に入った生存者を3秒間視ることができる。
発動後、再使用には30/25/20秒必要。
呪術:女狩人の子守歌
(Hex:Huntress Lullaby)
生存者のスキルチェック失敗ペナルティが2/4/6%増加する。
生存者をフックに吊るす度にトークンを獲得する(最大5トークン)。
・1-4トークン:スキルチェック発生前の警告音の間隔が短くなる。
・5トークン:スキルチェック発生前の警告音がなくなる。
ただし、付与された呪いのトーテムが破壊されると効果は消える。
最後のお楽しみ
(Save the Best for Last)
マッチ開始時、生存者の1人にオブセッション状態を付与。
オブセッション以外への攻撃が成功する度に1トークンを得る。(最大8トークン)
1トークンごとに攻撃の硬直時間が5%低下する(最大40%)。
オブセッションへの攻撃で4/3/2トークンを失う。
オブセッションが死亡するとトークンを得ることができなくなる。
弄ばれる獲物
(Play with your Food)
マッチ開始時、生存者の1人にオブセッション状態を付与。
オブセッションを取り逃がす度にトークンを獲得する(最大3トークン)。
1トークンにつき移動速度が3/4/5%上昇する。
「攻撃」の行動を取る度にトークンが1つ消費される。
消えゆく灯
(Dying Light)
マッチ開始時、生存者の1人にオブセッション状態を付与。
オブセッションはフック救助の速度と他の生存者の治療速度が33%上昇する。
オブセッション以外をフックに吊るした時、オブセッションがいればトークンを獲得する。
オブセッションがいる場合、オブセッション以外は修理、治療、破壊速度に対し、1トークンにつき2/2.5/3%のペナルティを受ける。
ノックアウト
(Knock Out)
生存者を這いずり状態にすると効果が発動。
32/24/16m以上離れた他の生存者は、這いずり状態の生存者のオーラが視えなくなる。
バーベキュー&チリ
(Barbecue & Chili)
生存者をフックに吊るした後4秒間、52/46/40m以上離れた生存者のオーラを視ることができる。
各生存者が初めて吊される度に、トークンを獲得する。(最大:2/3/4トークン)
トークン1つにつき、獲得BPが25%増加する。(最大:50/75/100%)
フランクリンの悲劇
(Franklin’s Demise)
攻撃を与えた生存者のアイテムを落とす。
落ちたアイテムは基本チャージ量の0/5/10%を失う。
ファイヤー・アップ
(Fire up)
発電機の修理が完了する度にトークンを獲得する(最大:5トークン)。
1トークンにつき生存者を担ぐ・落とす、板破壊、発電機の破壊、乗り越えの速度が3/3.5/4%上昇する。
リメンバーミー
(Remember me)
開始時、生存者の1人にオブセッション状態を付与する。
オブセッション対象者に攻撃を当てる度に、脱出ゲート開放時間が4秒増加する(最大:8/12/16秒)
オブセッション対象者はリメンバーミーの影響を受けない。
血の番人
(Blood Warden)
出口エリアにいる生存者のオーラを視ることができる。
脱出ゲートが1つ以上開放された後に生存者をフックに吊るすと出口を30/40/60秒間封鎖する。
出口を封鎖する効果は1マッチに1回のみ。
処刑人の妙技
(Hangman’s Trick)
破壊・処刑後のフックが30/20/10秒後に復活する。
生存者がフック破壊を行うと強調表示される。
破壊されたトラッパーの罠の復活時間が60秒間短縮される。
監視
(Surveillance)
進行度が後退している発電機が白いオーラで表示される。
その発電機が生存者に触られると8/12/16秒間黄色く表示される。
発電機の修理音の聞こえる範囲が8m広くなる。
選択は君次第だ
(Make Your Choice)
フック救助が成功したとき32m以上離れていれば発動。
救助を行った生存者を40/50/60秒間一撃で這いずり状態にできる。
発動すると、効果の再使用までに60秒必要。
まやかし
(Bamboozle)
窓を乗り越える速度が5/10/15%上昇する。
最後に乗り越えた窓を8/12/16秒間封鎖する。
ピエロ恐怖症
(Coulrophobia)
心音範囲内の生存者の治療速度が30/40/50%減少する。
イタチが飛び出した
(Pop Goes The Weasel)
生存者をフックに吊るしたとき効果が発動。
次に破壊する発電機の修理進行度を即座に25%減少させる。
この効果は生存者をフックに吊るした後40/50/60秒有効。
怨霊の怒り
(Spirit Fury)
板を4/3/2個破壊すると効果が発動。
次に板でスタンしたとき、即座にその板を破壊する。
呪術:霊障の地
(Hex: Haunted Ground)
呪いのトーテムを2個生成する。
どちらかの呪いのトーテムが破壊されると、全ての生存者に40/50/60秒間無防備状態を付与する。
もう片方の呪いのトーテムは即座に通常のトーテムに戻る。
怨恨
(Rancor)
マッチ開始時、生存者の1人にオブセッション状態を付与する。
対象者は発電機が完了する度に5/4/3秒間殺人鬼を視ることができる。
殺人鬼は発電機が完了する度に3秒間、全ての生存者を探知できる。
ゲート通電後は対象者に無防備状態が付与され、殺人鬼は対象者を殺害することが可能となる
不協和音
(Discordance)
2人以上の生存者が同時に発電機を修理すると効果が発動。
その発電機のオーラが8/10/12秒間黄色くハイライトされる。
狂気の根性
(Mad Grit)
生存者を運んでいる間、攻撃失敗のクールダウンがなくなる。
攻撃成功で、運んでいる生存者のもがきゲージが(2/3/4秒間)停止する。
アイアンメイデン
(Iron Maiden)
ロッカーを開ける速度が30/40/50%上昇する。
ロッカーから出た生存者は15秒間無防備状態となり、4秒間位置が表示される。
堕落の介入
(Corrupt Intervention)
マッチ開始時に、殺人鬼から一番離れた位置の3つの発電機が80/100/120秒間封鎖される。
その間、生存者は封鎖された発電機の修理ができない。
伝播する怖気
(Infectious Fright)
生存者を瀕死状態にした時、心音範囲内の生存者全員が叫び声をあげ、4/5/6秒間その位置が通知される。
闇の信仰心
(Dark Devotion)
マッチ開始時、生存者の1人にオブセッション状態を付与。
オブセッションに通常攻撃を命中させると、オブセッションが20/25/30秒間32mの心音を持つようになる。
その間は殺人鬼の心音範囲がゼロになる。
効果中は、オブセッションは自身が出す心音が聞こえる。
地獄耳
(I’m All Ears)
48m以内で急いだアクションを起こした生存者のオーラが6秒見える。
発動後は、60/50/40秒のクールダウンが必要。
戦慄
(Thrilling Tremors)
生存者を担いだ後、修理中ではないすべての発電機が16秒間封鎖され、修理不可となる。
封鎖されている発電機は白いオーラでハイライトされる。
このパークは100/80/60秒ごとに発動可能。
隠密の追跡
(Furtive Chase)
マッチ開始時、生存者の1人にオブセッション状態を付与。
オブセッションをフックに吊るすとトークンを獲得する(最大2/3/4トークン)。
1トークンにつき、追跡中の心音範囲が4m減少する。
オブセッションをフックから救助した生存者は、オブセッション状態となる。
オブセッションが死亡するとすべてのトークンを失う。
サージ
(Surge)
通常攻撃で生存者を瀕死状態にすると発動。
32m以内にあるすべての発電機が爆発し、修理進行度が8%後退する。
発動後は、60/50/40秒のクールダウンが必要。
無慈悲の極地
(Cruel Cruel Limits)
発電機の修理が完了する度に発動。
その発電機から32m以内の窓枠と乗り越え可能な地形を(25/30/35秒間)封鎖する。
殺人鬼には封鎖された場所のオーラが視える。
マインドブレイカー
(Mind Breaker)
修理進行度が50%以下の発電機を修理中の生存者は、疲労状態となる。
すでに疲労中だった場合、発電機を修理している間は疲労のタイマーが停止する。
修理アクションを終えた後も1/2/3秒間この効果が継続する。
残心の戦術
(Zanshin Tactics)
24m以内にあるパレットと乗り越え可能な地形のオーラが視えるようになる。
生存者を負傷させると、このパークは40/35/30秒間無効となる。
血の共鳴
(Blood Echo)
生存者をフックに吊るすと、その他の負傷した生存者は治療されるまで出血効果が付与され、疲労効果が45秒間続く。
このパークの再使用には80/70/60秒必要。
天誅
(Nemesis)
スタンした時、スタンをさせた生存者にオブセッションを付与。
オブセッションとなった生存者は40/50/60秒忘却状態となる。
また彼らのオーラが4秒間視えるようになる。
ずさんな肉屋
(Sloppy Butcher)
生存者に攻撃した際の出血量を少し/そこそこ/かなり増加する。
さらに、生存者に重傷効果(回復速度低下)を付与する。
忍び寄る者
(Deerstalker)
12/24/36m以内の瀕死状態の生存者のオーラが視えるようになる。
鋼の握力
(Iron Grasp)
担がれた生存者のもがく効果が25/50/75%減少する。
更に抜け出すために必要な時間が4/8/12%増加する。
呪術:狩りの興奮
(Hex:Thrill of the Hunt)
マップにあるトーテムの数だけトークンを獲得する(最大:5トークン)。
更に生存者が呪いのトーテムの破壊行動を開始したとき通知される。
1トークンにつき以下の能力を得る。
・狩猟カテゴリの獲得ブラッドポイントが6/8/10%上昇する
・トーテムの破壊速度を4/5/6%低下させる。
無慈悲
(Unrelenting)
攻撃失敗時のクールダウンが20/25/30%減少する。
異形の祭壇
(Monstrous Shrine)
地下室のフックは以下の効果を得る。
・エンティティの進行速度が3/6/9%上昇する。
・抜け出す難易度が5/10/15%上昇する。
・脱出失敗のペナルティが3/6/9%上昇する。
苦悶の根源
(Distressing)
心音範囲が22/24/26%増加する。
邪悪カテゴリの獲得ブラッドポイントが50/75/100%増加する。
影の中の密偵
(Spies From The Shadows)
16/24/36m以内にいるカラスが鳴いた時に100%の確率で通知を受け取る。
この効果は5秒間のクールダウンがある。
囁き
(Whispers)
生存者が48/40/32m以内にいるとき、囁き声が聞こえてくる。
狡猾
(Insidious)
4/3/2秒間静止することで心音範囲が0となる。
再度動くかアクションを行うと解除される。
憎悪の呟き
(Bitter Murmur)
発電機の修理が完了する度に効果発動。
修理が完了した発電機の16m以内にいる生存者を5秒間視ることができる。
最後の発電機の修理が完了したとき、すべての生存者のオーラを5/7/10秒間視ることができる。
呪術:誰も死から逃れられない
(Hex:No One Escapes Death)
脱出ゲートが通電したとき、通常のトーテムどれか一つが呪いのトーテムに変化。
以下の効果を得る。
・生存者に無防備効果を付与する。
・移動速度が(2/3/4%)上昇する。
ただし、付与された呪いのトーテムが破壊されると効果は消える。

関連記事

キラー情報まとめ
記事一覧
キラーパーク一覧
パーク情報一覧
キラー一覧
キラー一覧
キラーのおすすめ育成順
おすすめキラー育成順