DbD

【DbD】『観察&虐待』の使い方と立ち回り|強襲向けの強パーク【キラー】

本記事ではDbDのキラー(殺人鬼)パークである『観察&虐待』の使い方と立ち回り、性能について記載しています。

サバイバーにとって重要な要素である心音で混乱を招くことができ、シンプルに強いパークです。

『観察&虐待』の性能・仕様

アイコン画像・パークの効果

アイコン
観察&虐待
パークの効果
生存者を追跡している時、脅威範囲(心音範囲)が8m増加する。
生存者を追跡していない時、脅威範囲が8m減少し視界が3/5/10%広がる。
※視界拡大効果は重複しない。
ティーチャブルパーク
ドクター:レベル35以上

『観察&虐待』を使った立ち回り・ポイント

発電機修理中に強襲する

誰も追跡していない時は心音範囲が狭くなるので、特に発電機修理中のサバイバーへの強襲に便利です。

呪いのトーテム破壊中に後ろから襲うといった動きもできるので、郷愁を意識して立ち回りましょう。

関連記事

キラー情報まとめ
記事一覧
キラーパーク一覧
パーク情報一覧
キラー一覧
キラー一覧
キラーのおすすめ育成順
おすすめキラー育成順