DbD

【DbD】破滅(ルイン)が弱体化!詳細な変更情報まとめ【Ver3.5.0】

ヤノユウヤ
ヤノユウヤ
初心者サバイバー優遇の観点は嬉しいですが…

本記事ではDbD(デッドバイデイライト)における『破滅(ルイン)弱体化』についてまとめています。

詳細な変更点やTwitterでの反応など知りたい方は是非ご覧下さい。

破滅(ルイン)弱体化情報

変更内容

すべての発電機が”呪術:破滅”の影響を受ける。発電機が修理されていない状態であるとき、修理進行度が常に通常の発電機破壊の1/1.5/2倍の早さで自動的に後退し続ける。呪いの効果は、紐付けられた呪いのトーテムが残っているかぎり持続する。

弱体化・変更理由

1.スキルチェック:グレイトを出せない初心者プレイヤーにとって苦痛であること。初心者プレイヤーは発電機を直そうとすることでベテランを支援しようとしがちですが、状況を悪化させてしまうこと。
2.生存者に与え続けられるプレッシャーの度合いが殺人鬼側の労力やリスクに見合わず非常に大きいこと。
3.スキルチェックの出現率によって効果が一定でないこと。

新しい効果のメリット

1.スキルチェックへの効果がなくなるため、発電機修理中の生存者には効果がなくなります。
2.殺人鬼は、パークの効果を得るためには生存者を発電機から積極的に追い払う必要があります。
3.マッチ早期にはあまり役に立ちませんが、後半では非常に強力となります。生存者が呪術トーテムを探して浄化するタイミングの判断を迫られます。

変更内容の評価・SNSの反応

遅延系パークとしての位置づけは変わらず、遅延の切り口を変えてきた印象です。

SNS上では破滅弱体化がトレンド入りするなど、話題を呼んでいますがどうでしょうか…?

ヤノユウヤ
ヤノユウヤ
今回の破滅修正に関して肯定的な意見を探すのは難しいほど…。キラー離れが加速しなければ良いのですが…。

情報出典元:DbD公式フォーラム