DbD

【DbD】『喘鳴(ぜんめい)』の使い方と立ち回り|索敵系パーク【キラー】

本記事ではDbDのキラー(殺人鬼)パークである『喘鳴(ぜんめい)』の使い方と立ち回り、性能について記載しています。

索敵系のパークとして採用されることも多いパークですが、サバイバーに人気の鋼の意志(アイアンウィル)との相性が悪く効果が発揮しづらいケースもあります。

山岡凛(スピリット)と組み合わせるのが主流なので、その点注意して運用しましょう。

『喘鳴(ぜんめい)』の性能・仕様

アイコン画像・パークの効果

アイコン
喘鳴(ぜんめい)
パークの効果
負傷している生存者のうめき声の大きさが25/50/50%上昇する。
生存者の通常時の息遣いが0/0/25%大きくなる。
ティーチャブルパーク
ナース:レベル30以上

『喘鳴(ぜんめい)』を使った立ち回り・ポイント

ヘッドホンやイヤホンを使おう

DbDにおいてヘッドホンやイヤホンを使っている人はほとんどだとは思いますが、生存者のうめき声や息遣いをしっかりと聞くためにヘッドホン・イヤホンを使うことをおすすめします。

また『喘鳴』を採用している際はいつもより音量を大きめにするのもおすすめです。

関連記事

キラー情報まとめ
記事一覧
キラーパーク一覧
パーク情報一覧
キラー一覧
キラー一覧
キラーのおすすめ育成順
おすすめキラー育成順