DbD

【DbD】『死恐怖症(タナトフォビア)』の使い方と立ち回り【キラー】

本記事ではDbDのキラー(殺人鬼)パークである『死恐怖症』の使い方と立ち回り、性能について記載しています。

機動力の高いキラーとの相性が良く、サバイバーにとっては非常に厄介な遅延系パークです。

『死恐怖症』の性能・仕様

アイコン画像・パークの効果

アイコン
死恐怖症(タナトフォビア)
パークの効果
負傷状態の生存者の数に応じて生存者の修理・治療・破壊の速度が低下する。
ペナルティは一人当たり3/3.5/4%影響を受ける。
ティーチャブルパーク
ナース:レベル35以上

『死恐怖症』を使った立ち回り・ポイント

負傷状態をばら撒く

負傷状態の生存者が多ければ多いほど、サバイバーへの遅延ができます。

一人に固執するより、全員に対してアプローチすることで結果的には有利な状況に立てるケースが多いです。

『死恐怖症』と相性の良いパーク

ずさんな肉屋

負傷状態から回復に時間がかかり、負傷状態でいる時間を引き延ばすことができます。

『死恐怖症』の効果を長くサバイバーに適用させるための組み合わせとして非常におすすめです。

ずさんな肉屋の使い方と立ち回り
【DbD】『ずさんな肉屋』の使い方と立ち回り|シンプルに強い遅延系パーク【キラー】本記事ではDbDのキラー(殺人鬼)パークである『ずさんな肉屋』の使い方と立ち回り、性能について記載しています。 サバイバーの回復時間が長くなり、シンプルに遅延効果が強力なパークです。 ...

血の追跡者

負傷状態をばら撒いた後にダウンを取る際に非常に便利なパークです。

『死恐怖症』はフックに吊るされている状態でも適用するため、確実に一人を仕留める際におすすめです。

血の追跡者の使い方と立ち回り
【DbD】『血の追跡者』の使い方と立ち回り|索敵&追跡が苦手な人向け【キラー】本記事ではDbDのキラー(殺人鬼)パークである『血の追跡者』の使い方と立ち回り、性能について記載しています。 サバイバーの索敵と追跡が苦手な方にとって非常に使いやすいパークです。...

関連記事

キラー情報まとめ
記事一覧
キラーパーク一覧
パーク情報一覧
キラー一覧
キラー一覧
キラーのおすすめ育成順
おすすめキラー育成順