DbD

【DbD】『不安の元凶』の使い方と立ち回り|発電機遅延系パーク【キラー】

本記事ではDbDのキラー(殺人鬼)パークである『不安の元凶』の使い方と立ち回り、性能について記載しています。

遅延系のパークとして腐ることが無く、非常に使いやすいパークです。

『不安の元凶』の性能・仕様

アイコン画像・パークの効果

アイコン
不安の元凶
パークの効果
心音範囲内にいる生存者のスキルチェック発生確率が10%上昇する。
更にスキルチェックの成功範囲が40/50/60%減少する。
ティーチャブルパーク
トラッパー:レベル30以上

『不安の元凶』を使った立ち回り・ポイント

キャンプより積極的に動き回る

パークの効果を発揮するためには、キャンプするより積極的に発電機周りを動き回る方がおすすめです。

発電機を周回し、心音範囲内に生存者がいる状況をいかに多く作り出せるかがポイントとなります。

『不安の元凶』と相性の良いパーク

苦悶の根源

『苦悶の根源』は心音範囲が20%広げることができるため、『不安の元凶』の効果をより活かしやすくなります。

苦悶の根源の使い方と立ち回り
【DbD】『苦悶の根源』の使い方と立ち回り|BP稼ぎにおすすめのパーク【キラー】本記事ではDbDのキラー(殺人鬼)パークである『苦悶の根源』の使い方と立ち回り、性能について記載しています。 心音範囲が広がるため、常にサバイバーへ圧をかけることができます。 加えて取得BPが増えるパークなので、BP2倍の期間に採用すると非常にBPが稼げるのでおすすめです。 ...

死恐怖症(タナトフォビア)

負傷状態の生存者の数だけ発電機修理の遅延が可能となります。

遅延系パークとして合わせて採用すると、より発電機修理を遅延できるので組み合わせてみるのがおすすめです。

死恐怖症(タナトフォビア)の使い方と立ち回り
【DbD】『死恐怖症(タナトフォビア)』の使い方と立ち回り【キラー】本記事ではDbDのキラー(殺人鬼)パークである『死恐怖症』の使い方と立ち回り、性能について記載しています。 機動力の高いキラーとの相性が良く、サバイバーにとっては非常に厄介な遅延系パークです。...

関連記事

キラー情報まとめ
記事一覧
キラーパーク一覧
パーク情報一覧
キラー一覧
キラー一覧
キラーのおすすめ育成順
おすすめキラー育成順